新居への引越しを行う前に確認!マンション売却についてチェック

マンション売却を検討中なら買い手が注目しているポイントを知ろう

新居への引越しを行う前に確認!マンション売却についてチェック

男女

物件を売却するなら住宅診断を受けよう

現在、一戸建て住宅に住んでいる方の中には、新居への引越しを検討している方もいるでしょう。その場合には、住宅診断を行うことによって売却する際にもメリットが出てきます。既存住宅の耐震性や見えない部分の劣化状況などを予め確認しておくことで、「検査済み物件」として他物件と差別化ができ、買い手にも安心感を与えることができます。

マンション

中古物件のメリットをアピール

一戸建て住宅だけでなく、タワーマンションやマンション売却を行う際には、買い手が注目している物件のチェックポイントを把握することです。中古物件には新築とは異なったメリットがあります。それを知っておくことで、兵庫で物件を売り出す際にも、買い手にうまくアピールをしていくことができます。

中古物件を見る時に買い手がチェックしていることは?

男女
no.1

立地条件

中古物件の購入を検討する際に最も注目されているのは、物件の立地条件です。新築よりも先に立てられているため、周辺環境のよい物件も多くなっています。立地に求める条件は、家族構成によっても異なってきますので、小さい子どもがいる家庭だと公園が近い・学校が近いなどが好条件の一部となります。

no.2

販売価格

次いで注目されているのは、物件の販売価格です。新築よりも予算を抑えて住宅やマンションを購入したい方が多いので、条件と購入予算を照らし合わせながら、現実的に購入可能な物件を選んでいくことになります。

no.3

間取り

家族構成によって異なる条件の中には、物件の間取りがあります。実際に生活した時のことを考慮しながら、生活動線はうまく取れるか、家族のコミュニケーションが取りやすくなっているかなどが重要になってきます。

no.4

水回りの状態

水回りはトラブルも起きやすく、特に中古の物件だと不備がないか気になる点です。入居後にリフォームが必要となると、購入者も不快な思いをしてしまいます。使用する上で不便がある場合には、売却前に修繕を行っておきましょう。

no.5

内覧したときの物件の印象

気になる物件には実際に足を運び、現場に来た時の印象を大事にしているという方も多くなっています。紙面などの情報だけでは条件が良くても、実際に見てみるとあまりよくない物件であるケースもあります。逆に、物件の外装をきれいに手入れし、室内などのにおいにも気をつけることで、内覧に来た買い手に対して好印象を与えることができます。