一戸建て住宅を建てるなら借地権について知っておこう

借地権の種類・特徴や借地権つき住宅のメリットを紹介

借地権とは?

借地権とは、自分の住宅などを建てる場合に、土地の持ち主から土地を借りる権利のことです。一戸建て住宅でも、土地と建物の所有者が異なる場合や、両者がセットになって販売されている場合とがあります。その借地権にも種類が3つありますので、それぞれの特徴を確認しましょう。

借地権の種類を知ろう

家族

旧借地権

現在の借地借家法ができる以前、大正時代にできた借地法です。この当時の借地法だと、借主が土地の契約更新を希望する場合には、地主はそれを拒否することが難しくなっていました。現在の借地権ではそのような決まりを廃止していますが、今でも一部この旧借地権の住宅があります。

普通借地権

新たに制定された借地借家法の中の借地権となります。旧借地権と違って存続期間に定めがあり、契約を更新するごとに、存続期間も30年・20年・10年と変わっていきます。期間は地主・借主側決めることができます。

定期借地権

契約更新がなく、一定の期間が経過すると期間満了となり、地主の土地を返さなくてはいけない借地権のことです。契約の内容によっても定められている存続期間は異なりますが、一般的な一戸建ての存続期間は、50年以上としているケースが多くなっています。

一戸建て住宅を建てるなら借地権について知っておこう

一軒家

価格が安い

借地権の一番のメリットは、安い価格で住宅を購入できることです。土地も自分で所有する場合には、土地代だけでも大きな額となってしまうため、自分が希望する場所に住宅を建てることが難しくなります。しかし、借地権付きの建物だと、土地代の約6~8割の価格で購入することができます。

模型

税金がかからない

土地を所有した場合には、不動産所得税だけでなく、固定資産税や都市計画税が課税されてしまうので、その分の税金を納める必要があります。借地権の場合、所有権は地主側にありますので、建物の所有者には税金が課税されません。

借地権付き住宅を購入した人の声

一軒家

低予算で購入できました!

昔から一戸建て住宅が欲しいと考えていましたが、あまり予算をかけられないので、借地権付き住宅を購入しました。土地の所有権はありませんが、特に不自由を感じることなく過ごしています。税金などがかからない分、子どもの進学資金などに充てることができるので我が家は満足しています。

定期借地権のマンションを購入

私たちは鎌倉でマンションを探していたのですが、不動産の情報を多方面から集め、定期借地権のマンションを購入しましました。定期なので期間が決まっていますが、その年数も50年と長く、何より立地条件が良かったことが決め手となりました!築年数も10年なので室内や建物もきれいなので、これから長く住み続けることができます。

自分のライフプランにピッタリ

家族で都心に住んでいますが、子どもをのびのびと育てたかったので、一戸建ての住宅をずっと考えていました。ただ、私は地方出身で、いずれは田舎に帰ろうと思っているため「土地を所有するのはちょっと・・」とためらいがありました。そんな時、借地権付き住宅の事を知ったので、不動産屋で色々と話を聞きいたら、自分たちのライフプランには最適でした!好条件の物件も見つけることができたので、これから入居に向けての準備がとても楽しみです。